生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

万博を迎える気分-ゲロッパ!-

もうすぐ愛知万博が開催される。
以前勤めていた会社の本社が愛知県にあり、今回の万博のメインスポンサーをやっているということもあって、なんとなく気になる。
というより、元同期や後輩や、とかく前の会社の人、名古屋に住む友人と会えば、自然とこの話題になるのだ。

土曜日に、後輩に会って飲んだ。
久しぶりに会ったので、いろんな話に花が咲く。

で、やっぱり万博の話題になる。

後輩が言う。
「わたし、ピンクキッコロのバッジもってますよ。限定3000しかないんです」



モリゾーとキッコロ。
一度くらいは目にしたことがあるだろう、愛知万博のマスコットキャラクターだ。
キッコロは、小さい方。
普通は見ての通り、緑色だが、後輩が持っているのはピンクのキッコロだそうだ。
関係者の一部にだけ配られたプレミア物らしい。

名古屋の中心部には、もう随分前から、このモリゾー&キッコログッズを扱う店がオープンしていた。
別にキャラクター物に興味はないけど、レアグッズと聞くと、妙に単純に「へー」とか思う。

先月には、久々に名古屋へ行く機会があった。
元同期がもうすぐ結婚するというので、ささやかながら、そのお祝いの会が開かれたのに参加するためだった。

元同期の新居は愛知県長久手町、万博会場の東ゲートのまん前のマンションだそうだ。
近々、万博会場前からリニアモーターカーの路線が開通するとのことで、これからの通勤はそれを利用するのだそう。
リニア通勤・・・スケールが大きい。

お祝いの会に同席していた電通中部支社の友人は、万博の某パビリオン担当。
毎日のように会場へ出向き、準備にいそしんでいる。
テロ対策で会場には一切食べ物もペットボトルも持ち込めないルールで、協会指定業者のお弁当しか食べられない、などというトリビアを聞いたりする。

また、その友人の話では、名古屋のタクシー業界では藤が丘という地下鉄東山線の終点駅がホットなのだとも言う。
藤が丘は、万博会場にもっとも近い地下鉄駅で、それでもそこまで車で約20分ほどの距離がある。
つい最近、やっとシャトルバスが開通したらしいけれど本数も多くないので、会場の準備などに関わる多くの関係者は皆こぞって藤が丘からタクシーに乗るのだそうだ。
そういうわけで、今、藤が丘がドル箱になっているらしい。

東京に暮らしていると、こういった話題は少し遠い。
でも、地元の盛り上がりはやはりなかなかなものだ。

かつて勤めていた会社は、様々なイベント、施設に協賛をしている。
サッカークラブチーム世界一を決めるスポーツイベントもやれば、巨大な国際空港の運営もしている。
万博も、その一つ。
もう2年くらい前から、社員の名刺にはモリゾーとキッコロのイラスト入り。

で、地元の人以外はほとんど知らないだろうけれど、愛知県に蒲郡という町があり、そこにあるマリーナを中心とした施設「ラグーナ蒲郡」も同じく同社出資施設。
私は行ったことがないんだけれど、この場所が重要な舞台となった映画は観たことがある。


井筒和幸監督の「ゲロッパ!」。
ジェームス・ブラウンおたくのヤクザの親分(西田敏行)が刑務所に入ることになり、出頭するまでの数日間で25年前に生き別れた娘を探す、というコメディ。
すっかり成人してシングルマザーとなった娘(常盤貴子)は、モノマネ芸人のコーディネーターをしている。
彼女が連れてきた芸人たちの出演するモノマネショーというのが、その「ラグーナ蒲郡」で開かれるのだけれど、全編の5分の1くらいは、この場所で繰り広げられると言っていい。
のどかな休日の遊園地といった、少し気だるい雰囲気が、妙にそれっぽい。

映画自体は適度に笑え、適度に心温まって悪くない。
「ちょうどいいサイズの映画」という感じがする。
ちょい役の寺島しのぶなども、いい味だ。

映画の誘致なども、ああいう施設のプロモーションにはいいだろうと思う。
ラグーナ蒲郡にどのくらい客が入っているのかは知らないけれど。

「でさ、万博って、何が目玉なの?」

万博を迎える盛り上がりがすごいことは分かった。
それでも一体、そこへ行って何を見ることができるの?
ただし、リニア以外ね。それは有名だから。

私がそう尋ねると、驚いたことに訊いた人みんなが口を揃えて言う。

「マンモスだよ、マンモス」
「マンモス?」
「そう、氷漬けのマンモスがそのまんま発見されたの。そのまんまだよ」
「それってすごいの?」
「そりゃすごいでしょー?マンモスだよ。氷河期のマンモスが当時のそのまんまだよ」
「うーん・・・、すごいのかなあ?」

「そうだよー」
強調する名古屋関係者たち・・・。

「だけどね、そのマンモス、鼻がないんだよ」
「え?」
「鼻が折れちゃって、それだけ見つかってないみたい」
「・・・・・・・」

それって・・・。

鼻のないマンモスって・・・微妙。

万博、大丈夫かなあ?


万博公式サイト:愛・地球博
愛知県蒲郡市のリゾート施設:ラグーナ蒲郡
万博一番の目玉!(リニア以外):マンモス


ゲロッパ ! (2003年・日)
監督:井筒和幸
出演:西田敏行、常盤貴子、山本太郎他
[PR]
by yukotto1 | 2005-03-02 01:40 | 笑える映画