生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

女どうしが集まれば-ジョイ・ラック・クラブ-

前の会社の同期のひとりが半年前に出産し、坊やの顔を見るために、同期連中5人が連れ立って彼女のうちを訪れた。
参宮橋の閑静な街並みの中、訪れるたびため息が出てしまう、陽の当たる素敵なマンション。
テレビ局勤務の旦那様は、本日もお仕事のため不在。

同期の中でも一番最初に近い部類で、彼女は結婚した。
大学の同級生どうしの結婚。
ふたりが出逢ったのは、おそらくハタチかそこらのとき。
これがまた絵に描いたような美男美女で、あの夫婦について語るとき、誰もがそのお似合いさ加減を誉めそやす。



というわけで、彼らの間に生まれたベビーは当然のようにイケメン。
これがお世辞じゃなく、ほんとにすごくいい顔で、生後6ヶ月らしからぬしっかりとした目鼻立ちで、表情も豊か。
俳優のようにかっこいい旦那様によく似ている。
将来は女泣かせになりかねない素質たっぷりだけれど、この夫婦の子どもなら、すくすく優しい子に育つだろう。
おばさん、あと二十年くらい待とうかしら。

久しぶりに会った彼女は、もう立派なママになっていて、たくましくテキパキと育児をこなしている。
もちろん育児は見た目より遥かに大変なのだと思うのだけれど、爽やかな若奥様は、疲れを全く表情に出さないのだ。

独身の頃からそうだけれど、彼女といえば、周囲の人を幸せにする穏やかな笑顔。
そういえば、結婚式で彼が、「この世で最も価値のあるものは、彼女の笑顔だと思っています。僕はその彼女の笑顔を守っていきたい」とスピーチして、あまりにも素敵な言葉と深い愛情に感動して大泣きしてしまったのを思い出す。

宣言どおり、ちゃんと、笑顔は守られています。

イケメンベビーの顔と、美人ママの笑顔を見ることができて、それだけでかなり満足なのだけれど、本日のテーマはもう一つ。

久しぶりに女どうしが集まれば、もちろん諸々の進捗報告会となる。
今回はおめでたいことに、うち一人の婚約報告も。

婚約した彼女は、彼が仕事でアメリカに行くことになり、それに同行する予定。
しかも彼は領事館勤務をするらしく、渡航前に「外交官の妻」のための研修だとかを受けるらしい。
プログラムには華道とか茶道まであるらしくて、いやあさすがだねえ、と世界の違いなんかを感じてみたり。
噂に聞く、「外交官の妻」の世界ってほんとにあるらしくって、旦那さんの役職や序列をそのまま引きずった奥さんどうしの独特のコミュニティが形成されるようだ。
彼女はというと、あまり「そういうキャラ」じゃないので、どうか異国の地でもストレスを感じず、持ち前の「愛されキャラ」を振りまいて欲しいものだ。

他の女性たちも、彼と一緒に住む計画を立ててマンションを探しているだとか、両親に彼と一緒に旅行に行くことが知れて大騒ぎになり急遽彼がお父様にご挨拶することになったとか、100本ノックのような連続お見合いチャレンジに決別を宣言した直後、「これが最後だから」と押し切られて会った相手となんだかいい感じで進んでいるだとか、ハッピーな報告が続く。

まあ、今回ばかりは私も少しながらお話しすることがあったわけですが・・・。

それにしても、1年くらい前には、「ちょっとぉ、飲み会のネタないの?」くらいなノリだった。
これが、全員が全員そうだったのだ。
誰一人として(もちろん若奥様を除いて)、恋愛にも結婚にも程遠い状況で、進捗報告会は「うーん、デートしてる人はいるんだけど、なんかピンと来ないんだよねー」とか、「どいつもこいつも俺様か不思議ちゃんばっか」とか、「ていうか、出逢いなさすぎ」とか、全くお寒い感じだった。

それが、まあ、1年経ってみると婚約した人はいるわ、婚約直前の人はいるわ、大激動。
報告の内容、会話の内容、悩み事の種類、1年前とは全部違う。

これだけ具体的に話が盛り上がる事実に、みんな感慨深くなって、「いやー、みんなよかったねえ」とうなづきあう。

女どうしが集まれば、賑やかで楽しい昼下がり。
おまけに、約1名のイケメンもいるし。

映画「ジョイ・ラック・クラブ」では、50才を過ぎた中国系アメリカ人の女性たちが集まり、麻雀卓を囲んでおしゃべりや食事を楽しむ様子が登場する。
それぞれに、女としての愛憎の過去、苦しみの過去を持つ。
彼女たちの年頃の娘たちにしても、時代や土地は変わっても、それぞれの人生に苦しみと彩りがある。

嬉しいことも哀しいことも、楽しいことも苦しいことも、賑やかに交わす女どうしの友情は、朗らかに生きていく活力になる。
めいっぱい可愛らしく笑うための、活力になる。


ジョイ・ラック・クラブ The Joy Luck Club(1993年・米)
監督:ウェイン・ワン
出演:キュウ・チン、ツァイ・チン、フランス・ニューエン他
[PR]
by yukotto1 | 2005-09-24 01:54 | ぐっとくる映画