生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

毛布を鼻までかぶって観る機内映画-トスカーナの休日-

バンコクから成田への深夜のフライトで、機内映画を観た。
JALは路線と機材によるけれど、エコノミーでも座席ごとにテレビがあって、映画を選べるので嬉しい。
足元はほんっと窮屈だけど。

私は機内映画というのが好きだ。
特に、あの真っ暗な深夜の飛行機の中でみんなが寝息を立てる中、毛布を鼻までかぶって、こっそりと盗み見する感じが好きだ。

「半落ち」でも観よっかなーとチャンネルをパタパタと変えていると、明るい黄色(おそらく一面のひまわり畑)のはっとするような光景が眼に留まった。



イタリアのトスカーナ地方へアメリカから移住してきた離婚ホヤホヤの女流作家。
ヒモ状態だった旦那に浮気された挙句に捨てられ、財産分与で家まで取られ、ネガティブになりがちだった主人公が、勢いで飛び込んだイタリアの田舎町で、おんぼろの一軒家を買い、地元の人の力を借りながら、それを改装していく。
「もう男なんていらない!」と気丈に振舞うかと思えば、「私って一生ひとりぼっち・・・」と泣きじゃくり、ハンサムなイタリア男と出会って「私だってまだ女よ!」と飛び跳ねる姿が、とてもとてもかわいらしくって、共感できてしまう。

てんとう虫を探して、なかなか見つからず、疲れて眠って眼が覚めたら、体中にてんとう虫がとまっていた。
「トスカーナの休日」は幸せはそんなふうにやってくる、というお話。

何に向かっているか分からないけど、身近なことを一生懸命やることでしか、人生や毎日は前進しないのだと、勇気づけられる素敵な映画だった。

ダイアン・レインの白いワンピースがとてもまぶしく、地中海の青い日差しの中で、印象的に美しい。


トスカーナの休日 UNDER THE TUSCAN SUN(2003年・米)
監督:オードリー・ウェルズ
出演:ダイアン・レイン、サンドラ・オー、リンゼイ・ダンカン他
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:18 | ハッピーになる映画