生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:笑える映画( 34 )


今日はとにかく暑かった。
そんな暑い日に、なぜかチームメンバーと行くことになった飲茶ランチ。
何が経緯だったかも忘れたけれど、随分前に「休日に飲茶を食べに行く」という謎の約束をした。

本当に、何が理由だったんだろう。今となっては分からない。
「一体いつにするんですか?」と妙なほど執拗に問い詰められていたのだけれど、それがとうとう実現した。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-07-18 21:42 | 笑える映画
a0032317_1312348.jpg

土曜日は朝からオフィスでデスクワークと打ち合わせがあったのだけれど、夕方には切り上げて新宿に向かった。
今日のイベントは、現役力士を囲むパーティ。

4月にお花見をしたとき、友人の一人が「最近、現役力士のプロモーターやってるんだよ」と、聞き捨てならない言葉を口にした。
好奇心が強く掻きたてられて、「なになに?」と訊いてみると、どうやら相撲部屋のタニマチたる人と知り合い、その人から贔屓の力士を紹介されて、若い者どうしでもっと交流して欲しいと頼まれたのだそうだ。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-06-22 01:33 | 笑える映画

かつては履歴書なんかの趣味欄に、何を書こうか結構迷った。
ありきたりなことを書くのが、なんだか情けない気がするのだ。
「映画鑑賞」とか「音楽鑑賞」とか「テニス」とか。

趣味が「映画鑑賞」と書くんだったら、年間最低100本は映画を観るくらいじゃないとお話にならない。
「音楽鑑賞」と書くんだったら、古今東西の音楽に精通してウンチクが語れなければならない。
「テニス」と書くなら、毎週末はテニスに耽るとか、夜更かししてテニストーナメントの衛星放送を観るとかいうハマり方をしていなければならない。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-04-04 02:13 | 笑える映画

3月31日は、毎年少し特別だ。
多くの日本人にとってはそうかもしれない。

人為的にせよ、3月末で「年度」が変わると、この出来事は、様々なことを引き起こす。
時には別れ、時には旅立ち、時には出逢い、時には区切り。

今年の3月31日は、広尾のLA BISBOCCIAでディナーだった。
仕事の一区切りと、新しいメンバーのjoinと、愛すべきボスの卒業を祝うための、チームディナー。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-04-01 01:51 | 笑える映画

「さて、実はご報告です。
なんと!このたび結婚することになりました」

出逢ったのは昨年の10月、入籍は来月で式は10月の予定。
わずか5ヶ月でゴールイン。

電撃的だけど、できちゃったわけじゃない。
はたまたお見合い結婚でもない。

正真正銘、筋金入りの、清く正しい(?)恋愛結婚。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-03-08 00:39 | 笑える映画
もうすぐ愛知万博が開催される。
以前勤めていた会社の本社が愛知県にあり、今回の万博のメインスポンサーをやっているということもあって、なんとなく気になる。
というより、元同期や後輩や、とかく前の会社の人、名古屋に住む友人と会えば、自然とこの話題になるのだ。

土曜日に、後輩に会って飲んだ。
久しぶりに会ったので、いろんな話に花が咲く。

で、やっぱり万博の話題になる。

後輩が言う。
「わたし、ピンクキッコロのバッジもってますよ。限定3000しかないんです」

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-03-02 01:40 | 笑える映画

DVDで「ディボース・ショウ」を観た。
「オーシャンズ12」でも共演している、ジョージ・クルーニーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズによる「大金持ちの結婚と離婚」をテーマにしたコメディ。
監督はコーエン兄弟。
おおよその期待通り、私好みのコミカルでシニカルでニヤリとする作品だった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-14 23:44 | 笑える映画

今日、ちょっとした仕事の手伝いで高田馬場に行った。
この駅で降りるのは、かなり久しぶり。
振り返ってもほとんど記憶がない。

唯一しっかり憶えているのは、私が2度目の受験で上京した折、その一年前に現役で早稲田大学に入学していた高校の同級生と、高田馬場で落ち合ったことだ。
あの駅前のBIG BOXの壁面に巨大な人のかたちが描かれているのがすごく印象的で、なんだかグリコのマークみたいだ、と思った気がする。
気がする、というより、この10年間ほど私は、正直、BIG BOX=グリコのイメージを持ち続けていたと言うのが正しい。
今日、久々に見て、「あ、グリコじゃなかった」と確認したくらいだ。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-07 01:03 | 笑える映画
a0032317_9391399.jpgその巨大な建築物はいかにも見晴らしの良い爽やかな場所に立っていて、ギリシア人たちがなぜここを選んだか、説明など訊かなくたってすぐ分かる。
この丘に立った者は、穏やかに広がる地中海の先に、きっと等しい想いを馳せることだろう。

日が落ちた後、ライトアップされたコンコルディア神殿の姿は、もくもくと空を覆うビロードのひだのような夜を背景に孤高の神々しさばかりでなく不気味ささえ誇示していた。
ガラス窓を挟んで眺めれば、丘の上にたちはだかるホーンテッドマンションみたいだな、と感じた。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-12-29 09:17 | 笑える映画
a0032317_2545475.jpgどこのどんな街に行っても、必ず出くわすのが校外学習中の子どもたちだ。
数えると16カ国になったが、過去に行ったあらゆる国のあらゆる街で、この類の一行に出くわした。
今回もご多分に漏れず、である。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-12-27 02:55 | 笑える映画