生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2004年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0032317_11548.jpg上海は2度目だが、仕事で来たのは初めて。
前回は学生だったので安宿の宿泊だったけれど、今回はグランドハイアットを利用した。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 11:20 | アートな映画
ときどき観てうなされるのが、テストの夢。
もう学校と名のつくところを卒業してから5年以上経っているのに、相変わらず私を悩ませてくれる。

昨晩もそうだった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:32 | アートな映画
a0032317_03037.jpg

プロジェクトが終わったので、今週はお休み。
そういうわけで、ひとまず実家に帰った。
6ヶ月ぶりの実家。

祖母が1ヶ月ほど前に犬にエサをやろうとして尻もちをつき、腰を痛めて入院しているので、見舞いにもでかけた。
意外でもなかったが、祖母はすこぶる元気で、入院生活を結構楽しんでいるようだった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:31 | 泣ける映画
うだるような暑さの土曜、品川で13時半に待ち合わせた。

高輪口を出て、品川プリンスのシネコンへ向かう。
ここで映画を観るのは2回目。
うちから近い上に、それほど混まないので悪くない。

ランチの前にチケットを買いに行くと、一番後ろの真ん中が空いている。
こんな特等席で映画を観られるのは久しぶりだ。

ハリー・ポッターの公開日で、やたら子供が多かったけれど、私たちが観たのは、「デイ・アフター・トゥモロー」。
もう、公開から1ヶ月になろうとしている。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:25 | 迫力系映画
「ざわわ、ざわわ、ざわわ・・・」
森山良子のさとうきび畑の唄。

この唄を初めて聞いたのは彼女の歌声ではなかった。
宮沢和史がパーソナリティのJAL機内の音楽番組の1曲で、誰か男性が歌っていた。
そのときから確かに気になる曲ではあった。

この曲を主題歌にした同名のドラマがあると知ったのは、今年の初めごろだったか。
明石家さんまが主演、黒木瞳に仲間由紀恵、坂口健二、上戸彩、オダギリジョー・・・と豪華キャストが青々としたさとうきび畑の中で笑っている。
これはぜひ観たい、ずっとそう思っていた。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:23 | ぐっとくる映画
タイに行っている間の日本は寒かったらしく、18日に開花してから満開に至るまで、東京の桜はまるまる一週間がかかった。
私が帰るのを待っていたみたいで嬉しい。

前々から観たかった「ラブ・アクチュアリー」をついに観に行った。
19人の男女が織り成す(まさに織り成すという言葉がぴったりの)様々な愛のお話。
"All You Need is Love"。ビートルズの曲がHAPPYで世界を包む。

誰かを好きになると、何を見ても何をしていても、何を食べてもどうしても、その人のことを考えてしまう。
人間はなんと滑稽で、かわいらしいのだろう。
「ラブ・アクチュアリー」はそんな普遍的な小さく大きな愛のかたちをテンポよく描く。
ホロリとさせて、あったかくなるいい映画で、舞台はクリスマス前のロンドンだけど、心躍る春の日にはぴったりだった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:21 | ぐっとくる映画
バンコクから成田への深夜のフライトで、機内映画を観た。
JALは路線と機材によるけれど、エコノミーでも座席ごとにテレビがあって、映画を選べるので嬉しい。
足元はほんっと窮屈だけど。

私は機内映画というのが好きだ。
特に、あの真っ暗な深夜の飛行機の中でみんなが寝息を立てる中、毛布を鼻までかぶって、こっそりと盗み見する感じが好きだ。

「半落ち」でも観よっかなーとチャンネルをパタパタと変えていると、明るい黄色(おそらく一面のひまわり畑)のはっとするような光景が眼に留まった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-30 01:18 | ハッピーになる映画

プロフィール

yukotto

   兵庫県生まれ 東京在住 B型 

   楽観主義的運命論者。出たとこ勝負人生。

   雑食エンタメマニアなので、食わず嫌いはしません。

   特に好きな映画は、

     小津安二郎、ウディ・アレン、ヒッチコック、ガイ・リッチ-、ミシェル・ゴンドリー

   本は意外と読んでません。小説とエッセイに偏っています。

     夏目漱石、辻仁成、江國香織、サリンジャーが好き

     欧米の童話も好き

   ルックスに関して、なぜか「女子アナっぽい」と表現されることが多い。

   ささやかなことに感動しやすい性格。

   実は人見知りをするが、なつくとかなり甘えるタイプ。

   くだらないことを一心に考えるのが好き、妄想癖あり。

   理系?と言われることが多いが、かなしすぎるほど文系。
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-01 21:38 | プロフィール

ブログについて

「日常と映画の関係」は、毎日の生活の中で出逢った素敵なもの、ふと感じたこと、蘇った思い出などを新旧の映画の内容やそれを観に行ったときのシチュエーションなどと絡めながら綴る、エッセイブログです。

おもしろきこともなき世を面白く。

想像力が生活にもたらす彩りを表現できたら、と思います。
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-01 11:06 | ブログについて

あ~さ行

あ行
アイランド(2005年・米):Departure
青いパパイヤの香り(1993年・仏/ベトナム):雨の日曜日
緋音町怪絵巻(2006年・日):極彩色の時代
明日があるなら(1986年・米):リンガルマスターへの憧れ
あなたが寝てる間に・・・(1995年・米):揺れる鈴の音
あなたになら言える秘密のこと(2005年・西):言えない秘密
アニー・ホール(1977年・米):恋について
アバウト・ア・ボーイ(2002年・米):Lonely Boy's Life
アバウト・シュミット(2002年・米):転職その後
アバター(2009年・米):デジタル化時代の到来
アメリ(2001年・仏):ディティール
アラビアのロレンス(1962年・英):ジェッダにつながる空
アリー・マイ・ラブ(1997~2001年・米):さて、実はご報告です
ある愛の詩(1970年・米):冬のニューヨーク
アルプスの少女ハイジ(1974年・日):母の家出
イエスマン”YES"は人生のパスワード(2008年・米):YESのスタンス
硫黄島からの手紙(2006年・米):人を守るということ
いま、会いにゆきます(2004年・日):小箱の秘密
イル・ポスティーノ(1995年・伊):2通の手紙
イン・ハー・シューズ(2005年・米):固有の視点
ヴァイブレータ(2003年・日):Bitter Valentin
WIZ/OUT(2007年・日):揺さぶり
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(1995年・日):偶然の中の必然、雨と花火
UDON(2006年・日):MADE IN 讃岐
うなぎ(1997年・日):和解の鰻
海の上のピアニスト(1999年・米):アメリカ!
海を飛ぶ夢(2004年・西/仏):Dive into
裏窓(1954年・米):セルの中の出来事
A.I.(2001年・米):ユタさんとジャック
永遠のアフリカ(2000年・米):そこで暮らす人
8miles(2002年・米):挑戦の歩幅
エイプリルの七面鳥(2004年・米):1カットの魔法
es[エス](2001年・独):社会適合性とその先の私
エターナル・サンシャイン(2004年・米):キャンディードロップス
オーシャンズ11(2001年・米):私の通販生活
オー・ブラザー!(2000年・米):五色沼トレッキング、夢と現
オープン・ユア・アイズ(1997年・スペイン):誰もいない朝
オール・アバウト・マイ・マザー(1999年・スペイン):女の本質
大いなる遺産(1997年・米):クレヨラ
お買い物中毒な私!(2009年・米):花と映画と
おとうと(2010年・日):きょうだい
おばあちゃんの家(2002年・韓):日曜、a ma terrasseの前で
おまけつき新婚生活(2003年・米):一期一会
オペラ座の怪人(2004年・米):匂い立つエロチシズム
オリヲン座からの招待状(2007年・日):delicate
ALWAYS三丁目の夕日(2005年・日):おもてなしとゆすらうめ

か行
かいじゅうたちのいるところ(2009年・米):ドラマティックスイッチ
華氏911(2004年・米):10年ぶり
風と共に去りぬ(1939年・米):Tomorrow is anotherday
彼女を見れば分かること(1999年・米):彼女の部屋
かもめ食堂(2005年・日):シンプルな言い訳
カレンダー・ガールズ(2003年・英):9年の平等
菊次郎の夏(1999年・日):始まりと終わり
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年・日):ごちそうさま!
岸辺のふたり(2000年・蘭):銀座の夜と彼岸花
Kissingジェシカ(2001年・米):これからも、いつまでも
キッチン(1989年・日):冷蔵庫が来る
キッチン・ストーリー(2003年・ノルウェー/スウェーデン):Communication with a refrigerator
キッド(2000年・米):優しくなりたい
きみに読む物語(2004年・米):春なので
キューティ・ブロンド(2001年・米):つま先立ち時代
きょうのできごと a day on the planet(2003年・日):イメージの中で
グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~(1997年・米):開かれた窓
グッドナイト&グッドラック(2005年・米):大人の木曜日
グッドナイト・ムーン(1999年・米):15番ゲートの待ち時間
グラディエーター(2000年・米):やっとできました
グラン・ブルー(1988年・仏):ずっと昔の話
グリーンカード(1990年・米):仕事だけして過ぎていく日曜
グリンチ(2000年・米):クリスマスの楽しみ方
黒革の手帖(2004年・日):嫉妬するほどいい女
激流(1994年・米):沢と煙
解夏(2003年・日):右へ曲がる道
結婚記念日(1991年・米):流行の兆し
ゲロッパ!(2003年・日):万博を迎える気分
恋のトルティーヤ・スープ(2001年・米):年賀ランチ
皇帝ペンギン(2005年・仏):命の本分
50回目のファースト・キス(2004年・米):ふたりの経験値
ゴッドファーザー(1972年・米):シチリアの結婚式
(500日)のサマー(2009年・米):心の準備
コラテラル(2004年・米):狼が横切るとき
コンタクト(1997年・米):88星座が言えた頃

さ行
最後の恋のはじめ方(2005年・米):旅先での相談事
THE 有頂天ホテル(2005年・日):静かに暮れてゆく
さくらん(2006年・日):夢の間
さとうきび畑の唄(2003年・日):明石家さんまと父のこと
サヨナライツカ(2010年・韓):後悔という罰
サンキュー・スモーキング(2006年・米):「俺」と「僕」の間
34丁目の奇蹟(1947年・米):街角のサンタクロース
秋刀魚の味(1962年・日):嫁にゆく
シェフとギャルソン、リストランテの夜(1996年・米):マンジャーレ!
シェフと素顔と、おいしい時間(2002年・仏/英):クッキングセラピー
シェルタリング・スカイ(1990年・英):寡黙な月
シカゴ(2002年・米):三つ子の魂
四月物語(1998年・日):淡い季節
シコふんじゃった(1992年・日):歴史の一片
七人のおたく cult seven(1992年・日):「萌え」の研究
七人の侍(1954年・日):チームビルディング
死ぬまでにしたい10のこと(2003年・米):私のいない世界
しゃべれども しゃべれども(2007年・日):くだらなくて素晴らしい
シャーロットのおくりもの(2006年・米):公園の住人
シャイン(1995年・豪):忘れられないこと
ジャスト・マリッジ(2003年・米):新婚旅行の鉄則
Shall We ダンス?(1996年・日):58の手習い
Shall We Dance?(2004年・米):証人
ジュブナイル(2000年・日):あの頃のために
ジュマンジ(1995年・米):私はマニュアル読まない派
ジュラシック・パーク(1993年・米):眠くならない映画
シュリ(1999年・韓):隣国の事情、友人の想い
ジョイ・ラック・クラブ(1993年・米):女どうしが集まれば
小説家を見つけたら(2000年・米):サザエさん症候群と表現のすすめ
ショコラ(2000年・米):風とジプシー
シリアル・ママ(1994年・米):秋のトラウマ
白い犬とワルツを(2002年・日):おばあちゃんとエス
深呼吸の必要(2004年・日):太陽と光合成
真珠の耳飾りの少女(2002年・英):電子レンジがチンと言う
シンドバッド7回目の航海(1958年・米):日常と映画の関係
スイミング・プール(2003年・仏):バカンスとミステリー
スウィート・ノベンバー(2001年・米):振られる側の言い分
スーパーサイズ・ミー(2004年・米):健康第一
スター・ウォーズ/シスの復讐(2005年・米):君が生まれるより前に
ストロベリー・ショートケイクス(2006年・日):誕生日にはケーキがいる
スパイダー・マン(2002年・米):物語が生まれる街
スパニッシュ・アパートメント(2001年・仏/スペイン):コーポラティブハウス
スラムドッグ$ミリオネア(2008年・英):It's Dramatic
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年・日):夏の風、祖母の見舞い
11’09”01/セプテンバー11(2001年・独/英):あの日の記憶
セレンディピティ(2001年・米):二度逢うということ
007 カジノ・ロワイヤル(2006年・米/英):007最新作ってどうなのよ
センターステージ(2000年・米):Mille-emotion
千と千尋の神隠し(2001年・日):神無月の恵み
SAW(2004年・米):映画にまつわるエトセトラ
卒業(1967年・米):息吹の約束
それから(1985年・日):誠は天の道なり
[PR]
by yukotto1 | 2004-06-01 00:05 | INDEX(作品50音順一覧)