生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー

<   2004年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

世間の子どもたちは、夏休みだ。
当たり前のことだけれど、私も、あなたも子どもだった。

うちの下の弟が時々口ずさむ。
「あ~僕は~どうして~大人になるんだろ~」
それは、海援隊が歌う、ドラえもん映画の主題歌だ。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-29 23:59 | 泣ける映画
さて、ヨン様である。
テレビをつければ、毎日のように話題になるペ・ヨンジュン。
あの、いやらしいまでにソフトな笑顔には、目を背けようにも背けられない、奇妙な力がある。

土曜の夜に、前の会社の同期と食事をしたら、彼女が「冬ソナの時間に間に合うように帰らないと・・・」と言い出したので驚いた。
テレビなんてほとんど見そうにもない、自立した大人の女性である。
「あ、あなたまでもが・・・!」
なぜだ、なぜなんだペ・ヨンジュン。一体何があるっていうんだ、冬ソナに・・・!

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-27 00:05 | 切ない映画


今日は映画の話ではなく、小説の話。

人間の回復力というのはすばらしい。
週末の落ち込み方からしたら、今日は嘘のように元気だ。
ストレスや悩みとの付き合い方を覚えてきたというのもあるが、真夜中に救いのメールがあったこともある。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-21 22:58 |

週末、少しショックなことがあって、久しぶりに凹んだ。
凹んだときには、そこからどうにか抜け出そうともがくもので、いろいろとトライ&エラーがある。
苦しいがばかりの闇雲なトライは余計に事態を悪くすることもあるから、やっかいだ。

私の場合は、ともかく友達に話をしてみる。
相談するというよりは、「こんなことがあった」と話をしてみる。
そうすることで、結構、気持ちが落ち着くし、考えが整理できる。
話していると、「ああ、そうか」と新たな一面が途端に道を開いてくれることもある。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-20 22:04 | ぐっとくる映画
ギャガコミュニケーションズという映画配給会社があるが、私がこの会社の株主になってそろそろ1年になろうとしている。
この1年の間に、日経平均株価は大きく伸びたが、この会社の株価は低迷を続けている。
先日やっと買値を上回ったが、それでも今期配当はゼロ。
今後も伸びるかどうか分かったものではない。
けれど、どうも私はこの株が手放せない。

「株を買うのは夢を買うことだ。成長しそうな会社ではなく成長して欲しい会社に投資しなさい。同じ投資するなら、自分が好きなもの、もっと世の中に広まって欲しいと思うものに投資しなさい」

父からかつて、そう言われたことがある。
わが父の言葉ながら、これはまさに資本主義の極意だと思う。
投資で資産倍増!というブログが人気を博する近頃だが、ほんとは「一資本家」として経済活動に参加する、くらいの気持ちで株式投資する余裕が欲しい。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-14 23:03 | ぐっとくる映画
選挙特番でテレビのチャンネルは独占されている。
民主党が自民党に勝る議席数を獲得したらしい。
どの局も同じようなことばかりやっていて飽きたので、リモコンを次々と変えていく。

BS2に、チャン・ツィイーが出ている。
どうやらチャン・イーモウを特集しているらしい。

最近はアジエンスというシャンプーのCMにも登場する彼女だが、その初主演作、そして出世作と言えば「初恋のきた道」。
それは、あまりにも純な、少女の恋の物語で、はじめてみた時、その淡さ、健気さをファンタジーだと感じた。
現実の生活では、まずお目にかかれないだろう、そう思った。

けれど、後に、ある友人から、この映画を髣髴とさせる、信じがたいほどピュアな恋の話を聞くことになる。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-13 14:15 | 切ない映画
今週から赤坂のオフィスに戻った。
オフィスの入ったビルの1階にはスターバックスがある。
夏の朝は必ずアイスショートラテを頼む。
ジャズの日もあれば、ボサノヴァの日もある。レゲエの日もクラシックの日もある。
スターバックスの今朝の音楽を聴くのを、少し楽しみにしている。

スターバックスが初めて日本に出店したのは、1996年の銀座。
私が東京に初めて住むようになった次の年だ。
そういえば、大学の頃、渋谷の駅構内に見慣れないコーヒーショップができて、気になり始めたと思ったら、瞬く間に至るところ同じ店が出現したのを憶えている。
そういえば、実家に帰ったとき、わざわざ神戸にできたスターバックスにでかけたという話を弟から聞かされたりもした。

1999年に名古屋に引っ越したけれど、そのときにはまだ東海地方にスターバックスはなかった。
2000年にセントラルタワーズの中に名古屋1号店ができて、そこに長蛇の列ができたのを驚きをもって見た。
今は、名古屋のあらゆる街角に、まるいグリーンのロゴマークを見ることができる。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-10 03:10 | ハッピーになる映画
a0032317_02737.jpg

東北は数えるほどしか行ったことがない。
関西生まれの私にとっては、相当に遠いところだ。
イメージだけで言えば、北海道より北にあるような気さえする。
北海道がカナダなら、東北はスカンジナビア半島で、前者がリゾートであり開拓地なら、後者は神話の国であり原初の地。
なぜか神秘的な印象がある。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-05 17:43 | 笑える映画

新しいビデオデッキ

きのう壊れた9年物のビデオデッキを、朝、家から歩いて3分の電気屋に持っていった。
とても小さくてさびれた電気屋で、家電が一つも売っていない。
たぶん電気工事屋なんだろう。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-04 23:07 | その他

9年もののビデオデッキ

金曜日には自宅に帰る。
帰りに駅前のビデオ屋に立ち寄って、「24」のビデオ借りる。
本当はDVDがよかったけど、貸し出し中だった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2004-07-04 23:03 | その他