生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ずいぶん長らくぶりの友人からメールが届いた。

「長いこと作っていたゲームがやっと発売されました」
そんな知らせ。
タイトルは「グラディエーター ロードトゥフリーダム」。
ローマ時代の剣闘士の戦いをテーマにしたアクションRPG。

同い年の彼は、私が学生時代にアルバイトしていたゲーム会社のデザイナーだった。
今は独立して、自ら制作会社を立ち上げ、その代表を務めている。
今回の作品、開発メンバーの幾人かは、当時私も一緒に働いていた人たちだ。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-27 23:36 | 迫力系映画
お仕事で、一部上場企業の社長になられる方へのお祝いのプレゼントを選ぶよう仰せつかってしまいました。
「ワインなどのありきたりなものはNG」と言われており、どうしたものかと思っています。
一体何を贈れば喜ばれるでしょうか?
素敵なセンスをお持ちの皆様、ぜひアドバイスください!

次期社長さんの基礎データ:
某消費財メーカー役員、年齢は50代半ば、東京在住、出身は関西
体型は細身で細面、メガネ着用、ロマンスグレー、穏やかな雰囲気の素敵なおじ様
趣味はジャズ鑑賞とトロンボーン演奏

予算は3~5万円くらいでしょうか。

全然関係ないですが、エキサイトブログのプレゼントで、「山村社長とお寿司」。
これ、いいなあ。
お寿司もいいけど、山村社長との会食というのも魅力的です。
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-25 10:36 | その他

普段あまり私から電話しないので、着信が家族のものであるときはいつも、一瞬ドキッとする。

嫌な想像がよぎるのだ。
家族に何かあったという知らせだったら、と。

そんなときは自分の親不孝を悔やむ。
そして、いつか、必ず来るその日のことを恐れる。

・・・で、昨日も母から着信。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-24 02:20 | ハッピーになる映画

「僕」と呼ぶ人

少し忙しくしていて、この週末も自宅でながら仕事していた。
けど、一応ひと段落。(たぶん)
明日は、昨年末までやっていたプロジェクトのケースアップディナーで白金の「堀兼」に行く予定。

楽しみ。

少し長い記事を書き始めた。
長いので一気に書ききれない。
いつも長い、と言われそうだけど、今回のは特に大事なエピソードで様々な想いがあるので、書き上げるのにもう少し時間がかかりそう。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-21 01:02 | その他

DVDで「ディボース・ショウ」を観た。
「オーシャンズ12」でも共演している、ジョージ・クルーニーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズによる「大金持ちの結婚と離婚」をテーマにしたコメディ。
監督はコーエン兄弟。
おおよその期待通り、私好みのコミカルでシニカルでニヤリとする作品だった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-14 23:44 | 笑える映画

名古屋からの帰り途上、品川駅で待ち合わせた。
映画でも観ようかって言っていたのに、ちょうど上映時間のタイミングが悪く、しかたないね、と諦めた。
かわりにまったりお茶にする。

名古屋で立ち寄ったカフェのショーケースに、「ショコラータ」という名の小さなスティック状のチョコレートケーキを見つけておみやげに買ったので、それを分けて食べる。
あした、バレンタインデー。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-13 23:13 | 切ない映画

AL AVIS

a0032317_1147482.jpg

名古屋に住んでいた頃、大好きでよく食べたAL AVISのサンドイッチ。
久々の名古屋なので、友達にリクエストしてみました。
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-13 11:47 | その他
今日はとびきり寒い日で、身体が思いっきり冷えた。
熱いシャワーがすごく幸せ。

日本の家屋は寒い。
エアコンなんかじゃそうそう暖まらない。

今のチームのマネージャーはニューヨーク在住経験者。
まだ20代の頃、奥さんと一緒に渡米し、自費でコロンビア大に学んだ。
繰り返し彼は,当時の貧しさを語る。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-09 00:20 | 切ない映画

今日、ちょっとした仕事の手伝いで高田馬場に行った。
この駅で降りるのは、かなり久しぶり。
振り返ってもほとんど記憶がない。

唯一しっかり憶えているのは、私が2度目の受験で上京した折、その一年前に現役で早稲田大学に入学していた高校の同級生と、高田馬場で落ち合ったことだ。
あの駅前のBIG BOXの壁面に巨大な人のかたちが描かれているのがすごく印象的で、なんだかグリコのマークみたいだ、と思った気がする。
気がする、というより、この10年間ほど私は、正直、BIG BOX=グリコのイメージを持ち続けていたと言うのが正しい。
今日、久々に見て、「あ、グリコじゃなかった」と確認したくらいだ。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-07 01:03 | 笑える映画
私が仕事中によく聴く曲の一つ、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番。
この曲、繊細な旋律でもって、ほど良い高揚感をもたらしてくれる。
深夜の仕事などにはもってこいだ。

クラシックにそう詳しいわけではないけれど、私がこの曲を好んで聴くようになった背景は、名作との呼び声もふさわしい、映画「シャイン」。
オーストラリア出身の天才ピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴッドの半生を描いた物語だけれど、いわゆるミニシアター系映画の中でも比較的多くの人が知っている、有名な映画だと思う。

More
[PR]
by yukotto1 | 2005-02-06 01:22 | 泣ける映画