生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

思わず目の覚める夢

一度か二度だけ会ったことのある、電話番号も知らない年下の女の子から突然電話がかかってきて、意を決したように彼女が発した言葉に、どきりとした。
「yukottoさん、私・・・」

どきりとして、思わず目が覚めた。

時刻は深夜2時前で、それは現実ではなかったけれど、まるで現実の出来事のようで、しばらく暗闇に視線を泳がせていた。

1ヶ月以上ぶりに、少しだけワインを飲んだからだろうか。
それとも、昨晩の電話の抑揚のない声の余韻のせいだろうか。
あるいは、ちょうど寝る前にやっていたテレビ番組のせいだろうか。

心が静まり返るような気がした。

今朝の目覚めは悪くなかったけれど、心の水面は直線を保ったままだった。
光の届かない湖底まで、潜水が始まる。
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-31 11:22 | その他

増上寺の桜

a0032317_928972.jpg

寺と桜と東京タワー。
今朝は風が強いです。
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-29 09:28 | その他

さくらさくら

今日は暖い一日で、そこここに桜が咲き始めるのに出逢った。
軒先にのぞく白い花をちらりと目にするだけで、「わぁ」と思って、とたんに頬がゆるむ。

朝早く起きて、ちらしずしを作った。
二日ほど前から急に作りたくなったのだ。
お弁当にして彼のうちへ。

春の気配が春の気分を誘う。

冬を越えて持ちこたえた、可能性はのびやかに。
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-27 01:11 | その他
荒川静香が金メダルを獲得するフリーの演技を終えたとき、ある有名なアメリカ人解説者がただ一言だけ"She is the woman"と言ったという話は、ちょっとした感動だった。

She is the woman.

「女性の中の女性」という称号の栄誉は、あの一分の隙もないしなやかなスケーティングにこそ与えられるにふさわしい。
それは、限りないストイックさと、研ぎ澄まされた才能に対して、たった一筋差し込む神々しいライトだ。
彼女は、きわめて日本的な女性の美しさを見せつけた、そういう人のように思う。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-22 21:12 | 迫力系映画
毎朝、銀座駅で地下鉄を乗り換える。
銀座線から日比谷線まで階段を上って階段を下りるのだが、そのちょっとした移動距
離の間に大きなポスターが連なっている。

今はちょうどニュージーランド航空の広告で、雄大さをこれでもかと見せつけ
る、南半球の大自然の写真。
そこは空気がこの街の30倍は澄んでいそうだ。

駅のポスター群は2週間で入れ替わる。
ニュージーランドの前は新しく創刊したらしい雑誌の広告だった。

その名は「OCEANS(オーシャンズ)」、テーマは「Love is Luxury」なのだそうだ。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-21 15:48 | 切ない映画
朝から私は、なぜこの数日、体重の減少がぴたりと止まったかについて考えていた。
正確に言うなら、夕食の前に測ると記録を更新するように毎日減っている体重が、朝の測定となると前日と同じか、場合によっては増えている理由だ。

ジムでのトレーニングは一日置きの早朝なので、体重が全然減っていないのを見て、バイオメトリクスのコーチは「どうしました?」と訊く。
レシピどおりに毎日自炊をし、トレーニングも精一杯の力を出している。
水も毎日2リットル欠かしていない。
なのに朝の測定時ばかりは体重が減っていない事実に、私は説明の術を持たない。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-18 00:18 | ノリノリの映画
3月の私はダイエットブームなのだが、2月の私はなにげに「24」ブームだった。
いまさらながらなのだが、3rdシーズンまでほぼ3週間で一気に見たのだ。

各話の冒頭「事件はリアルタイムで進行している」という台詞は、このドラマの代名詞のように語られる実に気の利いたフレーズだが、実際にはこの言葉はテレビの吹替え版にしか登場しない。

英語ではこう言っている。
"Following takes place between 9:00pm and 10:00pm"
このフレーズも発音のリズムがよくて耳につきやすい。
けれどけれど、「事件はリアルタイムで進行している」というコピーは、完全リアルタイムドラマという作品のユニークな特徴を説明し、かつ、「早く次回を」と心はやる観客の期待を一層盛り上げるのに、これ以上ないほどふさわしいと思う。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-16 00:33 | 迫力系映画
バイオメトリクスを始めたという話は前回の記事に書いた。
このプログラムでは4週間、定期的な筋トレと食事制限に加えて、一日2ℓ近い水を飲むことが課せられる。
水分を多く摂取して食欲を抑制し、肝臓の脂肪代謝を高める効果があるのだそうだ。
確かに、大量の水を飲むだけでお腹がたぷたぷで満腹感がある感触もする。

一日2ℓ近い水となると、正直言って朝から晩まで絶え間なく飲み続けているという感じ。
ミネラルウォーターをペットボトルで4本弱、これを朝起きてから昼食までに1本、午後1本、夕方1本、夜1本というペースで飲んでいる。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-09 00:47 | 怖い映画
約束の期限まで一月を切った。
なんの約束かというと、「3月末までに3kg痩せる」という話。

遡れば昨年の5月あたりから、痩せる決意をもったものの、実際はというと何も変わっていない。
意志が弱いというか、なんというか。
まあ、ありがちなもんである。

ひとつ言い訳をするならば、毎日否が応にも外食続きで、自宅へ帰れば一刻も早くベッドにもぐり込み、朝はギリギリまで寝ていたい、そんな習慣を強いられる仕事についていたんだから、何をどうやったらダイエットなんぞできるのか、到底現実味がなかったのだ。
でも、ご存知のように環境が変わった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-05 23:26 | ハッピーになる映画

証拠写真

a0032317_13342873.jpg

カップ君が耳を引きずっているのでは?という疑惑についての反証写真です。

ちゃんと浮いてます!

なお、カップの名の由来については内緒です。
[PR]
by yukotto1 | 2006-03-01 13:34 | その他