生活視点の映画紹介。日常のふとした瞬間思い出す映画の1シーンであったり、映画を観てよみがえる思い出だったり。生活と映画を近づけてみれば、どちらもより一層楽しいものになるような気がします。


by yukotto1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Good Night

a0032317_22253161.jpg
ジョージ・クルーニー監督作品「グッドナイト&グッドラック」のプレミア試写会に行きました。(ジョージは登場しませんでしたが・・・)

作品はジャーナリズムについて扱った、硬い社会派。
正直、観る人を選ぶ作品ですが、刺さる人にはぐっときそう。

試写会の後のパーティは、グランドハイアットのタラゴンにて、艶々の照明にジャズライブとお洒落で大人な雰囲気。
ドレスコードは白と黒。

美人の友人を連れていたため、テレビカメラに取材されてしまいましたが・・・映画の感想を訊かれて、答えるのが結構キツカった。。。
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-27 22:25 | その他

大人の

a0032317_21393460.jpg

試写会後、グランドハイアットパーティの図。
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-27 21:39 | その他
思い立って、会社帰りに銀座で映画。
日が長くなったこの頃は、19時前ならまだまだ明るい。

「かもめ食堂」。
それが、観たくなった映画。

Walkerplusの「観てよかった作品」の堂々一位に輝いている。
評価者の80%以上が5点満点。
どんな映画だろう、と気になった。

主演は小林聡美。
先クールの連ドラでも主演していたが、彼女って年齢不詳で、役柄によってとても綺麗だったり、不細工だったりする。
若く見えたり老け込んだりする。

「かもめ食堂」では、ナチュラルで優しくて女性らしくて、とびきり素敵な美人を演じている。
この人、こんなに綺麗なんだなあと感心する。
たぶん、役作りで随分痩せたんじゃないか。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-27 00:39 | ぐっとくる映画

港の夜景

a0032317_2171810.jpg

本日は地元神戸に出張です。
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-24 21:07 | その他
劇団ひとりに関して言うと、これは私が生理的に一番嫌いなタイプの顔をしている。
男のくせに色白で、太っているというほどでないが微妙にぽっちゃりとしていて、睫毛が長くて、心なし艶めいた唇をしている。
視線がなんだか泣き出しそうで、眉毛は少したれている。
直視すると気持ちが悪い。

好きと嫌いにラインを引いて、ラインに沿って嫌い側に幅は狭いけれどとてつもなく深い溝があり、その溝にうまいことはまり込んだみたいな感じであの顔が嫌い。
どこかのパーツが少しでも違っていれば問題はなく、少し嫌いかニュートラルか、場合によっては少し好きくらいにもなりえたのに、私の嫌いのツボを絶妙についてしまった、それが劇団ひとり。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-23 19:00 |

間違い

a0032317_814380.jpg

ほとんど日課になったジム通い。
今朝も早起きしたのに、着いたら月に二回の休館日でした。

しかたなく朝カフェです…

二度目の朝食…?
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-20 08:14 | その他

大学

a0032317_12523178.jpg

早稲田大学に来ています。
誰かが昔、大学は総合レジャーランドだと言っていたけど、ほんとだなあ。
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-18 12:52 | その他
スピーチの原稿をもう一度書き直そうと、新幹線の中でペンをとる。
伝えたいことがたくさんあるので、そのどれひとつと選ぶのが難しい。
何においても言葉が足りないような気がし、それでもつい書き過ぎないようにと気をつける。

あまりにもプライベートな逸話ばかり浮かぶので、具体的なことを書くのをためらいもするが、そうすれば話がぼやけてしまって、知らない人はしらけるだろう。
そんなことを考えながら、まとまりきらない原稿用紙を、何度も何度も推敲する。

彼女の結婚式。

確か5年位前に絶対に泣くと宣言したけれど、その日がついにやってきた。
自分より前か後かとは想像したことがなかったけれど、想像を超えた展開であることは確かだった。
それでもそれも、彼女らしいかもしれない。

実に毅然として折り目正しく、また柔軟で軽やか。そして大胆。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-17 01:03 | 考えてしまう映画

賞品

私たちのダイエットレースは3月末で終わったわけだけれど、結果は以前にも書いたとおり、私の減量は3kgに足らず、終盤の追い込みが大きかった彼の勝利ということになった。

終盤の追い込み、といっても、彼は特に何かをしたわけではない。
とにかく、とてつもなく仕事が忙しかっただけだ。
とてつもなく仕事が忙しくて、かわいそうなほど激ヤセしてしまった、というのが実状である。

負けたほうがフグをおごるという約束だったが、そのフグ屋もまた3月末で今シーズンの営業を終えてしまっている。
せっかく痩せたところにまた太るのもなんなので、私が代案として提案したのは「エステをおごる」ということだった。

More
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-16 23:23 | その他

You're beautiful

いまだにコートなしで外を歩くのは躊躇する日々だけれど、今日のランチはコートなしで少し遠征。
帰り道はほんの少し、雲間から光が射していた。

不思議だと思うのは、ああいう光が空や街のそこここを一気に照らすときの、神聖とも言える驚き。
あっという間に、この世に色を与え、音楽を与える。

あの瞬間というのは、世界中のどんな場所で出逢っても、等しい感動がある。

なんとなく、私たちは神様に愛されているんだと感じる。
なんとなく、私たちは生きているんだと感じる。

それが哀しい海に続いていても、それが刹那の微笑だとしても、それでも。

ジェイムス・ブラントの歌。

そう、そんな感じ。
[PR]
by yukotto1 | 2006-04-14 14:27 | 音楽